更改履歴

▼20170707c 最新バージョン
・動画出力を最大毎秒60フレームまで拡張
・元画像のアスペクト比から自動計算させる動画横サイズを、16の倍数となるようバグ修正

▼20170628a
・動画生成サイズをラジオボタン指定の4種類から、コンボボックス指定の12種類に仕様変更
・縦回転動画の生成仕様の改善変更
・各種設定やボタン類にチップヘルプ(簡易説明)を表示させるように改善

▼20170625a
・動画サイズに4K相当のサイズを追加
・動画にて元画像のアスペクト比を忠実に再現するロジックに変更(9:6固定の廃止)
・動画埋め込みのファイル名・撮影日時のフォントサイズを動画サイズに合わせて可変化
・大規模改修で出たUFRaw連携時の合成処理不具合の修正
・その他若干の見直し

▼20170622 Windows10対応 大規模改修バージョン
・64bit-OS対応版として大規模改修
・64-bit-OSでは非常に大きなピクセルサイズを持つ画像からでも合成・動画生成できるよう改良。※32bit-OS では動作はしますが大きな画像は、物理メモリ容量、仮想メモリの設定などにより、これまでどおり処理できな い場合があります。
・動画作成では、すべてアスペクト比9:6で作成させることにした。
・回転処理のロジックを見直し、縦構図動画への安定を向上させた。
・動画は無圧縮AVI動画のみとした。(問題の多いコーデック選択は機能削除)
・静止画合成オプションとしてカラーブーストモード(色強調)を追加。簡易的かつ改良の余地のある機能ですの でお遊び程度にどうぞ。

▼20120217a
・静止画合成に比較暗合成モードを追加(静止画合成オプションタブの追加)
・動画各フレームにオーバーレイできていた項目に従前のファイル名に加え、撮影日時を加えた。
・比較明合成モードの動画作成時のダーク減算処理に関し、品質に関わる部分のバグを修正。

▼20111116a
・UFRaw連携にてRaw Photoフォーマットを現像させて読み込みできるようにした
・読み込み画像形式にTIFF形式を追加
・保存画像形式に従来のJPEG形式に加え無圧縮TIFF形式を追加
・JPEG保存品質のユーザー設定を廃止し、保存品質100%固定で保存するよう変更
・画像サイズの異なる合成処理のチェック強化

▼20111031a
・動画作成オプションに、ビデオ圧縮ダイアログの表示・非表示のオプションを追加
※PC環境によって希に非表示(未圧縮自動選択)だとアプリケーションエラーが出る場合があり、その対応として実施。またXVIDなどの高品質圧縮コーデックを利用したい場合にも有用。但し、2GB動画ファイル自動分割において分割ファイル生成の都度ダイアログが表示されるデメリットあり。

▼20111001a
・基本設定と動画作成オプションの設定画面をウィンドウ内のタブで分けた
・動画作成の比較明合成動画において、残像処理合成ができるようにした
・実行時間の計測開始ポイントをファイル選択ダイアログオープン時からとしていたバグを修正
・その他細かな修正

▼20110605a
・作成する動画ファイルを2GBを超えない範囲で自動分割保存(最大99ファイル)するよう対応
・作成する動画ファイルの命名ルールを変更(Filename_処理開始日_処理開始時間_分割ファイル連番.avi)
・動画作成時に表示していた圧縮設定のダイアログを表示させないように変更(自動的に非圧縮AVIを選択)
・動画上に合成元ファイル名を表示できるようにした
・処理(実行)にかかった時間を表示するようにした

▼20101219a
・20101202aのバージョンアップにて機能追加した比較明合成動画作成時、ダーク減算をすると作成する静止画のダークが引き過ぎとなるバグを修正

▼20101203a
・合成画像にExif情報を複写するようにした(最初の合成フレームのExif情報)
・Exif情報の作者名に、合成枚数を記録するようにした
※いずれも元画像にExif情報がある場合に限る

▼20101202a
ユーザ要望の以下の2点を機能追加
・動画作成時に動画フレームを回転できるように機能追加(縦構図の動画作成に対応)
・比較明合成の過程を動画にできるよう機能追加
その他
・JPEG圧縮率および動画フレームレートをスライダーで指定できるようにした
・JPEGの最低圧縮率を60%から80%に引き上げた
・動画作成サイズにHalf-DVDサイズ(360x240)を新たに追加した
・メモリ消費の改善を少し行った

▼20100703a
・動画作成オプションの追加

▼20100505a
初回リリース


Copy Right(C)2011 Sirius@星空つづり All rights reserved.